English blog (英会話ブログ)

おすすめ!初心者英語学習/get over it .(乗り越える)の英語フレーズ★

投稿日:2020年4月14日 更新日:

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

最近の日常会話やメディアなどでよく”乗り越える”ていう表現をききませんか?日本語にも英語にも他の国の人にはあまり馴染みがなくて良く使う表現方法があります。

今回のBlogではそのような英語表現のGet over itについて、意味や使い方を紹介します★

【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!

「Get over it」の意味は?

これは意味それを乗り越える、克服するという意味の表現です。

ネイティブの人が使うスラングでは乗り越えるという意味以外でも使います。立ち直る、忘れる、心配しない、済ませるなどです。

恋愛や就職活動、失敗など、多くの場面で使われているので覚えて欲しいフレーズです。

海外のドラマや映画、洋楽のタイトルなどでもよく耳にするはずです。たくさんの意味があるGet overなので、いろいろな場面で使うことができます。

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

恋愛のシチュエーション★

彼女/彼氏にふられて落ち込んでいる友達に、彼/彼女のことなんて忘れなよ!と言いたい時に

Get over him!

Get over her!

という事ができます。

【やさしいエイゴ 自宅で学べる本格的な英語学習サービス】

ふられて慰められている方も

彼のことはきっぱり忘れたよ。
I got over him.

彼女のことはきっぱり忘れたよ。
I got over her.

彼のことを引きずってしまっているんだ。
I can’t get over him.

彼女のことを引きずってしまっているんだ。
I can’t get over her.

みたいに言うこともできます。

このような英語フレーズは恋愛映画などでもよく出てきますし友達との会話でもありますしまた、洋楽のタイトルや歌詞の中でもよく使われている表現だったりします★

オンライン英語コーチ「スパルタバディ」

就職活動や試験などの話題で

家族同士、や友人関係や就職活動のインタビューで落ちたり、試験で不合格になったりした場合に使える英語フレーズです。

採用されなかったんだってね。
I heard you didn’t get the job.

もう立ち直ったよ。次に進まないと。
I’m over it. It’s time to move on.

また、落ち込んでいる友達を励ます時も使えますよ★

無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul

忘れなよ。次に進まないと。
Get over it. It’s time to move on.

まだ、ショックから今は立ち直っていないけれど、立ち直ろうと前向きに進んでいるという場合は、未来形のwillを使います。

心配しないで。僕は乗り越えるよ。
Don’t worry. I’ll get over it.

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】


その他のシーンで使えるGet over it

Get over itは色々な場面で使うことができる英語フレーズです。

同僚などが病気などで長く休んでいて、復帰してきた時に

もうインフルエンザからは回復したかい?
Did you get over the flu already?

Yeah, thanks. I was prostrated with fever for almost a week.

このように、回復するという意味で使えます。

中学英語を使える英語に!

We’ve been very tough situation in all over the world by Covid -19 Outbreak. But I’m sure that we’ll get over it. /私達は世界中でCoved-19によるタフな状況にいます,でも 僕は私達はこれを乗り越えられると確信してます。

Do you think that Japan able to get over novel Coronavirus epidemic? /あなたは日本が新コロナウイルスの流行を乗り越えると思うかい?

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

高所恐怖症など何かを克服したいといった場合もGet over itです。例えば長めのいい場所にいるときなどに、

ここ、すごく怖い
It’s so scary over here.

そんなことないよ。このキレイな景色を見てみなよ。
It’s not. Look at a this beautiful view.

高所恐怖症はどうしたら治る?
How can I get over my fear of heights?

ごめん、分からへん。慣れるしかないんちゃう?Sorry, I don’t know. Maybe you have to just get used to it.

家族で分けあえるオンライン英会話

病気がだんだん克服できてきているという場合は現在進行形で、

治ってきているよ。
I’m getting over it.

言うことができます。時差ボケが抜けない時も

時差ボケが治らない。
I can’t get over the jet lag.

道の反対側に渡ります。
Get over to the other side of the road.

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

私たちがとてもうまく演奏したことに私はまったく驚いた。
I just can’t get over how well we played.

といったようにcan’t get overで渡る、まったく驚く、といった意味のものがあります。さらに、

自分のことばかり考えるな!
Get over yourself!

yourselfを持ってくると、わがままな人に言ったりするフレーズに変わります。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

Get it overはどういう意味?

Get over itGet it overは代名詞itの位置が違うだけですね。

しかし、Get it over

になると、(面倒なことを)済ませるという意味になります。

同じGet overを使いますが、意味が全然違うので上手く使い分けてください。職場などで、

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

ちょっと休憩しない?
Why don’t we take a short break?

これ先にやっちゃおうよ。
Let’s get it over with.

えー、わかったー。
Well, okay.

という感じで使うことができます。Get overを使うフレーズなので、Get over itと一緒に覚えてみてください。

高学歴欧米ネイティブ講師が指導!オンライン英会話ボストン倶楽部

いかがでしたでしょうか?

Get overは、乗り越えるだけでなく立ち直る忘れるといった、ネイティブ独自の使い方があります。

500万人以上が使っている!オンライン言語学習ツール【italki】

また、itの位置が変わりGet it overとなることで、済ませるという意味にもなるので幅が広い表現ですが是非実践してみて下さいね!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村 期間

-English blog (英会話ブログ)
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おすすめ!初心者にも分かる英語学習/絶対に使える「さすが!」の英語フレーズ

にほんブログ村 誰かを褒めたい時に「さすが!」という言葉を日本語で使うことあります。相手を褒める時にはまず使うのではないでしょうか? でもよく考えるとこの日本語って曖昧な感じが少しします。では英語で「 …

おすすめ!初心者にも分かる英語学習/よく使う「生意気」の英語フレーズ★

普段の日常生活でどんな人でもこんな瞬間はありますよね?あまり頻繁に使いたい表現ではないかもですが「生意気」の英語表現の言い回しを知ってますか? 「イライラさせられる」とも「気に食わない」とはニュアンス …

必見!初心者にも分かる英語学習/「目立つ」を英語で表すフレーズ

にほんブログ村 色々なシチュエーションで「目立つ」表現を会話や見たり体験する事があるのではないでしょうか? 「凄くオシャレだから人ごみでもよく目立つ」「白いスニーカーは汚れが目立ちやすい。」 「サッカ …

絶対に必見!初心者の英語学習/「最悪な気分」の英語フレーズ

普段の日常生活や人間関係などで時には最悪な気分、状態に直面した経験は必ずあるはずです。それらのシチュエーションを表す英語フレーズをみなさん知ってますか? 知らない方もいらっしゃるでしょう、でも大丈夫で …

おすすめ!初心者にも分かる英語学習/絶対に使える英語の悪口!相手をけなす英語フレーズ

にほんブログ村 学校やテキストブックではまず教えてもらえない「英語の悪口」。どうしても僕達、人間は感情的な生き物です。キレた時や仲が良くない方にはダメなことと知りながらも色々言ってしまうシチュエーショ …

 

Yuuki

I was born in 1979 Kyoto Japan.

I’ve currently live in Canada since 2010.

Life is a Journey to be experienced.

Not a problem to be solved.