English blog (英会話ブログ)

絶対必見!初心者の英語学習/絶対に使える英語で怒る時のフレーズ

投稿日:2020年1月1日 更新日:

普段の海外生活などの日常会話やビジネスシーンでの英語の日常会話で難しいと感じることのひとつが「怒った時のやり取り」だと思います。

その理由のひとつは日本人が抗議したり感情を表に出して相手に伝えたりすることに慣れていないし日本の社会風土にはないからではないでしょうか?日本社会では反対の意見を唱えたり感情を表に出したりすることが出来にくい風潮がある感じします。

でも北米では主張や感情をきちんと表現しないと理解してもらえないし、それどころかどんどん付け込まれるし何を考えてるのか分からない人にみられてしまいます。「空気を読む」という習慣は彼らにはないかもです。

日本の文化にないことを慣れない英語で表現しようとするのですからハードル高すぎです。

けれども怒りを表現することを避けたまま外国人と接していると理解してもらえず空気を読んでもらえず、本音で語るコミュニケーションがずっとできないままになります。

今回のBlogでは英語で怒る時のフレーズを紹介していきます。

【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

英語で怒るときの英語フレーズ★

I ‘m not happy about your attitude. /あなたの態度が好きじゃない。
I ‘m not impressed with the service./こちらのサービスにはあまり感心しないね。

I don’t like what you did to me. /君がやった事は好きじゃないね。

I don’t feel comfortable at all. /全然いい気分じゃないね。

Can we talk about this?(これについて話し合えますか?)
We need to talk right now.(今話し合わなければいけないことがあるぜ。)

手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】

日本人に比べて弁論力に長けている外国人は(世界中どこの国の人間でも日本人より弁論力の弱い国民はあまり居ません。残念なことに。)基本的に自分の非は認めず色々な言い訳をまくし立ててあなたの主張を論破しようとしますから。

日本人の苦手なことのひとつに、相手が話している途中に割り込んでこちらの主張をすることです。相手はこちらが話していても平気で割り込んできます。とにかく主導権を握らせないで自分の主張をしましょう。

高学歴欧米ネイティブ講師が指導!オンライン英会話ボストン倶楽部


Listen to me! (私の話を聞いて!)
Excuse me, but I’m still talking ! (失礼だけどまだ私の話は終わってないで!)

You don’t think you’re wrong, aren’t you?huh? /きみは自分が間違ってないとおもってるやろ? ちゃうか?

Are you telling me it is my fault??(私の落ち度だと言ってるの?)
Are you trying to tell me what to do?? (私に指図しようとしているの?)

怒りが増せば増すほどゆっくりとはっきりと話すと効果でます。

You must be kidding me. (冗談言ってるんだやろ?)

無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul


How dare you talking to me like that? (よくもそんな口の利き方が俺にできんな?)

Don’t you dare talking to me like that. ( そんな口の利き方をするなよ)

Who do you think you are?/ 何様だと思っとるねん?

Don’t bossy me like that. /俺に偉そうにすんなや。

You are now really annoying me, you know??(だんだん腹が立ってきたんだけど分かってる?)
I am getting mad at you.(お前に腹が立ってきたで。)
You are pissing me off./お前はムカつく。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】

スラングを使って怒る★

Who the hell you think you are?
You are now fxxking annoying me.

 hell , fxxk などのスラングを挿入するというのもありますが、その結果相手からどんな反応が来るかは保証の限りではありません。シャレにならん経験もするかもです。

That’ s enough!  (もうたくさんだ!)
I ‘ve had enough!  (もうたくさんだ!)
Don’t talk to me! (もう私に話しかけるな!)
Leave me alone! (一人にしてくれ!)

喧嘩を防ぐ時に使い分けましょう。

I don’t care!
I don’t give a damn!
I don’t give a shit! (こっちの知ったことか!)

相手の反論なんかもう聞く耳持たないという状態★

This is my last warning. (最後の忠告だ)
You are pushing me to my limit. (我慢の限界だ)

などと言うのもこっちはギリギリだよ、という警告になります。

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

Damn you ! (地獄に堕ちろ!)
God damn you!
God damn it!

も同じ意味になりますがキリスト教文化圏ではGod, Jesus などの言葉を不敬な場面で使うことによって過激さが増します★

Shut up! (黙れ!)
Go away! (消え失せろ!)
Hate you! (大嫌いだ!)

Shut the fxxk up !

Fxxk off!
Piss off!
I fxxxing hate you !

スラングを使ってキレる。

Bitch! (雌犬野郎!女性につかう卑語)
Son of a bitch! (雌犬の息子、という意味で男性につかう卑語。お前の母親は売春婦!みたいな意味です)
Bastard! ( 父親のいない子供)

Fxxk off ! (消え失せろ!)
Ass hole ! (卑劣な野郎!)
Fxxk you! (お前なんかヤられちまえ!)

これらのスラングはあまり使わない方が良いですよ。

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

本当に身に危険が及びそうな場面で一番オススメな表現は、自分が一番使い慣れて感情を表現しやすい日本語を使うことです。中途半端な英語で凄んでみせて舐められるような場合は、意味不明の日本語のセリフが外国人には一番怖く聞こえるようです。英語での罵り言葉は少したどたどしいようでは、逆効果になる恐れもあります。

日本人による日本人のためのフィリピン セブ島語学学校【First Class】

このBlogでは様々な英語学習サイトや留学のインフォメーションのリンクを貼ってますからあなたの英語学習の役に立ちそうな物があれば是非チェックしてみてくださいね!

英語力を伸ばし方へ

-English blog (英会話ブログ)
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おすすめ!初心者にも分かる英語学習/「いらない」丁寧/スラングの英語フレーズ

にほんブログ村 普段の日常生活の中で誰かに何かを勧められた時や提案された時にそれを「いらない」と思って断りたい時とかありますよね? そんな時、様々なシチュエーションで断りたい時に英語ではどのように伝え …

おすすめ!初心者でも分かる超簡単な英語学習/絶対に使える英語フレーズ★市場(Market)★

海外生活や海外旅行で積極的に英語を話して、スムーズに買い物ができたらいいなと思ったことはありませんか? 現地の雰囲気を感じることができ、ローカルの方と仲良くなれる場所といえば、市場(market)や屋 …

絶対必見!初心者の為の英語学習/ネイティブがよく使う「I’d like to」の使い方は?

レストランやカフェで注文するとき、ショップで靴や洋服や電化製品を選ぶときなど日常生活の中で周りの人に何かを頼む場面はとても多いもんです。 外出先や旅行先などで見知らぬ店員さんなどに「~したいのですが」 …

絶対に必見!初心者の英語学習/絶対に使うYou look~の英語フレーズ★

家族や友人や誰かに何かを褒めたり褒められたりするシチュエーションは海外生活してるとかなりあります。 Compliment(ほめる)はアメリカやカナダでは文化の一つになってる気がします。だから褒めて嫌な …

絶対に必見!初心者の英語学習/絶対に使えるI tell you what~の英語フレーズ★

普段の会話の中で日本語でも話しの切り出しや繋ぐ時に使う言い回しのフレーズがありますよね?英会話でも同じでそのような言い回しフレーズがあります。英会話フレーズで、話を切り出すときの言い回しについてお伝え …

 

Yuuki

I was born in 1979 Kyoto Japan.

I’ve currently live in Canada since 2010.

Life is a Journey to be experienced.

Not a problem to be solved.